借金に苦しまないための注意点

私は住宅ローン以外の借金はしないようにしていますが、周囲では借金で身をほろぼしたり、生活がみるみる落ちぶれていく人が多いです。
借金といっても、命に係わることに使うお金なら良いのですが、周囲の人の借金をする理由は、たいてい贅沢をしたり、身勝手な理由が多いのが気になります。
例えば、会社の仕事がうまくいかなくて、休みがちになり、生活費に困っての借金や、リストラされて当面の生活費としての借金、人間関係のストレスを発散する為にキャッシングでブランド物を買いあさる、など一般的な生活を営む上では問題がある人ばかりです。
周囲でもかなり借金で困っている人がいるということは、世の中には更に多くの同じような人がいるのだと思います。
お金を借りるということは、その分金利をのせて返すということを甘く考えている人が多いです。今使うお金を用意できない人に、金利をのせて返す能力は無いに等しいです。
命に係わることに関しては別だと思います。緊急の手術や処置などでどうしても、と言う事はあると思います。
ですが、それ以外は自分の欲望やわがままに負けている人がほとんどです。
借金で身を滅ぼしたくなかったら、身の丈に合った生活を心がける、お金を借りると必ず莫大な金利を請求させることを認識するのが重要です。
ちょっとした油断や心の隙間につけいる甘い話にも、注意が必要です。

借金の返済に関して

あなたはこれまでに消費者金融などで借金をしたことがあるでしょうか?当然ですが、お金を借りるということは、それだけ生活が苦しいということなので、借金の申し込みをするときは苦渋の決断になることも多いはずです。
私も過去に消費者金融でキャッシングをしたことがあるのですが、やっぱり、その借金の返済はとても大変でしたね。

当然、金利もある程度かかりますし、返済期限に間に合うように、しっかりと期限内に借金を返していかなければならないため、非常にプレッシャーも大きいのです。お金を借りると後が苦しくなるのはわかっているのですが、それでも、お金を借りないと生活費が足りない状態のときもあるでしょうし、私も生活費のために消費者金融で借金をしました。

借金の返済は毎月していく必要もありましたので、なるべく金利を安くするために、多めに払う月もありましたね。そうしたほうが金利面で多少有利になりますし、メリットもあったのです。借金返済は簡単なことではないために、多くの方が借金を返せなくなったり、高い金利に悩んでいるという場合も多々あると思います。お金を借りるのは最終手段ですし、できればそうならないようにしていくのがベストではないでしょうか。

会社の上司が借金で全てを失ってしまいました

私は上場企業に勤めているのですが、一般的にイメージされているほど高給取りでもないので普段の生活はカツカツです。
しかしそれでも、身の丈に合った生活をするように心掛けていますので何とか過ごして行けています。
もっとも、そのように出来るのも一つの才能なのかなと思うようになりました。
それと言うのも、以前大変お世話になった会社の上司が借金のために悲惨な目に遭ってしまったからです。
あれは私が会社に入社して五年ほどだったと思います。仕事にも慣れてきて、かかってくる電話の応対も全く問題なくできるようになっていました。
と言っても、私の会社はルート営業の会社だったのでお客さんもお馴染みの方々ばかり。
むしろ、それで慣れない方が無理と言うものです。だからこそ、全く見知らぬところから電話が掛かってくると印象に残ってしまうんですよね。
その日もいつものように電話応対をしていたのですが、聞き慣れない会社から上司に電話が掛かってきて取り次ぎました。
しかし上司は「いないと言ってくれ」との返答。営業としてはあるまじき回答ですが、それに従うことにしました。
そしてその日以降、毎日のようにそこから電話が掛かってきては上司を呼びつけるのです。
口調は柔和でしたが、それが逆に薄気味悪く恐怖心をかきたててくれましたね。
そしてその恐怖心は、私よりも上司が感じていたに違いありません。
程なくして上司は持ち株の全てを売却し、会社を退職して突然辞めていったのです。
聞くと借金の返済のために、持ち株の売却金や退職金が必要になったとのことでした。
その後、上司は奥さんとも離婚をされたそうで、親権も取られてしまったとの話を聞きました。
結局、何のための借金かは知りませんが、それが原因で家族も仕事も失ってしまったことになります。
当時は20代でしたが、借金とは恐ろしいものだと肌で感じ取ることが出来ましたね。

ブログを見ながら戒める、借金の恐ろしさ

独身時代に体にしみついてしまった、クレジットカードの使い過ぎな癖で、結婚した今でも苦しんでいます。独身時代、給料はそこまでよくなかったのに、カードを使いまくって、支払いができず、リボ払いにしていた時がありました。リボ払いにすると毎月返済する額が決まっているので、どれだけ使っても上限までは使い放題、返済の心配もないという魔法のシステムです。
しかし一見便利なこのサービスですが、実はどんどん借金が溜まっているのに、毎月決まった額しか返せず、どんどん利息も膨らんでいくかなり怖いシステムなのです。独身時代はこのリボ払いの怖さに気付かず、どんどん借金を膨らませていました。結婚してから、夫に発覚しかなり怒られてしまいました。何とか返済して以降、絶対にリボ払いは使わない、と心に決めていたのに、やはりクレジットカードを使い過ぎで支払いができず、リボ払いに手がのびようとすることが何度もあります。
何とか思いとどまっているのは、リボ払いのせいで借金地獄に陥った人のブログを毎日読むようにしているからです。同じ境遇の人なのですが、いまだに返済できていなくて、本当に精神的にも辛そうなブログです。こういったブログを読むと「絶対にこんな風にはなりたくない」と自分を戒めることができます。

自己啓発のために借金をした話

私は借金しなければ生活できないほどの状況ではありませんでしたが、本当にギリギリで家計をやりくりしていました。光熱費や食費に収入の全てが消えていく状態でした。もし家族の誰かが病気にでもなってしまった場合には一体どうするのだろうかと不安で仕方がありませんでした。それにも関わらず全く危機感の欠片もない同居している両親のことが信じられませんでした。
そんな私でしたが、最近色々な知人と会う回数を重ねていくうちに、自分の人としての魅力のなさを痛感していきました。まず顔が大き過ぎると思いました。トークもあまりにもつまらないものしかできないなあと感じていました。
これらの改善のために必要となる美顔ローラーや話術についての自己啓発本などを購入するための借金をしました。前に述べた通り、最低限の生活をするだけで経済的に精一杯であったため、借金以外にお金の調達ルートはありませんでした。
そこまで高額な借金ではなくすぐに返済できそうだったため、一ヶ月以内にしっかりと返済すれば初回だけは無利子にしてくれるお得な期間限定のサービスを活用しました。後にまた借金をする予定はなかったため、初回だけ無利子になれればあとは何でも良いと思ってこういった決断をしました。同じ借金でも工夫次第でお得かどうかは全然変わってくるということです。

自分が借金になる経緯やその時の状況を思い出して

現代のお金の使い道は多いのでそこで悩まないで行動するのが良いです。しかし私はお金を非常に多く使って何度も借金をしました。その時は辛い記憶が残る経験をしたので実際の借金は甘くないと思います。
私は趣味を楽しむためにお金を使って借金をして一人で困りました。自分は別に知り合いたちと遊んでお金を使うようなタイプではなかったです。逆に一人で何かを集めてそこにお金を使うような性格でした。
私は家具やブランド品が好きで多くのお金を使った末に借金に辿り着きました。借金をして怖かったのがいつ返済できるという予定がないことです。だから仕事でも曖昧な感じで進んでいったので返済が遅れました。

今はカードローンやキャッシングが活用できる便利な時代でそこは良いと思っていました。しかし自分が借金をすると目の前の金融サービスに抵抗感が出ました。
そういう珍しい感情を持ったので自分はお金にも慎重になって行動しました。借金をするのは自分の欲求のせいなのでそこを抑えることも考えました。趣味を減らせば借金が少なくなるのでそういう部分で努力したのです。
結果を見ると自分の集めた品物をプロに売って借金返済に使っていました。集めるのに苦労したブランド品は良いお金になったので結局は元に戻った感じです。

夫の残業代が10万減った時に借金しました

夫は夜勤がある職場で、残業も多い仕事です。
しかし、会社の都合で3か月は夜勤なし、日勤という働き方なりました。
いつも給与明細をくわしく見ていなかったのですが、残業と夜勤は大きいですね。
今持っているニコスのカードで20万借りました。
その後、ほかの貯金をおろしたりして、1年以内には返しました。
その当時、子供が大学へ行っていて毎月の返済には困っていました。
一時期、奨学金を考えたこともあります。
子供は嫌がるでしょうが、奨学金も大学を卒業するためには必要なものです。
最近奨学金が返せない子供が問題になっていますが、これももう少し学費が安くなると違うと思います。
うちは、20万以内なの利子はそんなにつらくなかったです。
100万以上借りる場合は、利子がかなり高額になるので、できるだけ借金は抑えたほうがいいです。
借金をするのはよくないことかもしれませんが、いざというときにはとても助かる制度です。
はやめに返せることがわかっているのなら、仕方がない時もありますね。
夫は運よくまた、残業と夜勤がある部署に帰りました。
しかしまたこのようなことが起こることもあるので、私も働きに出ています。
夫婦で働くとお金がたまる速度も違います。

借金をしないといけない状況になったら考えること

様々な理由で借金をする状況が発生します。冠婚葬祭、子供の進学などどうしようもない出費があると思いますが、まず大切なのはどうして借金をしなければならないのかを考えて頂きたいと思うのです。サラリーマンであるならば通常のお給料によって日々の生活がなりたっています。しかし急な出費が発生してしまったと借金をしてしまうのです。よくよく考えてもらいたいのは、本当に急な出費なのでしょうか。急な出費が発生するのは分かっているのにそれに目をそむけていただけではないでしょうか。例えば冠婚葬祭です。身近に高齢な方があればお亡くなりになる可能性もありますし、若い方がいれば結婚ということは十分に考えることはできるはずです。
また子供の進学です。時期が到来すれば当然に進学することとなります。ですから急な出費ということはそうはないのです。借金を重ねるといいことはあまりありません。つまり予定の金額に足りないから借金をするのであって借金することによってその不足分は返済できないということになるからです。そこが企業と個人に違いです。企業は借金を背負っても業績に回復によって返済できるチャンスはありますが、個人の場合、よっぽどのことがないかぎり、大きく給与は増えることができないのです。よって個人の借金は返済の見通しが非常に厳しいと言わざるを得ません。もしもどうしようもなく借金をする場合、次に手を打たなければならないことは、どのようにして収入を増やすかということです。奥様にパートに出てもらうことも大切とは思いますが、それでは面白くないと思います。そして今のサラリーマンとしての収入がなくなった場合にどうなるかをもう一度考えてみてください。もしも40万以上もらっている方でしたら非常に危険です。リストラされたら40万を稼ぐことは容易ではありません。したがって大切なのは副収入をもつことです。副収入によって5万から10万を稼ぐことを考えてください。リストラがいつ来ても対応できるようにしておくことが非常に大切です。

借金を返済するということ・・・

学生時代に作った借金を、就職してからコツコツ返していた経験があります。幸い新卒で就職活動をして、正社員として雇ってもらえていたし、それなりの収入とボーナスもある仕事だったので、それほど苦だと思ったことは多くありません。
ただお金の管理というか、考え方について困ったことはありました。1年目の夏にボーナス(といってもささやかなものでしたが)をもらいました。それをそのまま全部、借金返済に当てようとしたら知人に止められてしまったんです。身体を壊したり急にお金が必要になったときのために、ある程度は残しておくべきだということでした。
でも借金というものには通常利子がつきますよね?その分がもったいないので、私としては早く返してしまいたかったんです。でもその時点で私の貯金というのはゼロに近い数字でした。その状態で、余分なお金がないというのは危険だということもよく分かる気がしたんです。
もしもというときの場合に備えて手元に残しておくお金って、どの程度必要なものなんでしょうか。今は色々と勉強して、自分で納得できる額を貯金するようにしていますが、借金返済中の身で、それでも貯金を持つことが正しかったのか、今でもあのときの判断に自信がありません。

消費者金融で初めて借金する場合はアコムが一番便利です!

消費者金融で初めて借金する場合、大手銀行が経営をバックアップしていて、尚且つ業績が長年安定している会社を借入先に選ぶと安心です。
その代表的な消費者金融の業者と言えばアコムがまず第一に挙げられ、新しい契約者に課する審査基準も大変柔軟な事から、キャッシングが初めての人に尚更お勧めです。
アコムで融資申込をする方法は、手持ちのパソコンのインターネットを利用するか、街中の(むじんくん)という自動契約機が設置されている場所に直接行く2つの手段があります。
もし即日中にお金が手元に欲しい時は、必ず午前中にはネット申込だけは済ませておき、所定の審査と本人確認書類を午後2時位までにFAX送信して完了させておくと間違いなく融資に間に合います。
午後2時までに全ての契約手続きが完了していれば、直ぐに所有している銀行口座に希望の借金額が振り込まれ、すぐに手元にお金が届きます。
逆に日中仕事や学校で借金の契約手続きに時間が取れない場合は、最寄りの地域で(むじんくん)が設置している機械の場所をインターネットで事前に調べて、会社や学校の帰りに立ち寄って直接契約し、カードを発行した後に即日融資という形も可能です。
その場合はネットで簡単に申込だけは済ませ、(むじんくん)が稼働している21時までに契約手続きに出向き、本人確認書類を忘れずに持参するようにしましょう。
アコムの場合は、審査時間が午前9時から午後9時までと大変長いのもメリットなので、即座に借金が必要になる場合はきっと役に立ってくれる事でしょう。